債権取立業務

売買代金等の未回収金
売掛金
滞納賃料

※契約書がない場合でも、その他の関連資料があれば
請求できる場合もありますので諦めずにご相談ください。

悪徳商法の被害金回収


輸入転売その他副業サイドビジネス、公営ギャンブル


これらの広告に、誇大広告、断定的な判断の提供がある場合は、契約を取り消して契約代金の返金請求をすることができますが、悪質な業者は返金には応じません。そのような場合は次の方法により被害金の回収を実現できます(クレジットカードで代金を支払っている場合)
クレジットカードに支払異議申立書を提出し、チャージバック等の措置による事実上の被害金回収が実現します。
(銀行振込の場合)

※詐欺のその他違法行為が認められる場合は銀行口座を凍結し、所定の手続を経て被害金の回収が可能です。

不法行為に被害金回収

被害事例

 

ページトップへ戻る