詐欺被害・不良債権

下記に一つでも該当する場合は当事務所がお役に立ちます。

  • 顧客と支払いで揉めている
  • 貸したお金が返って来ない。そして音信不通
  • 悪徳業者に騙された
  • 相手が本名か偽名か分からない
  • 相手の素性について携帯電話か口座情報しか分からない
  • 勝訴判決はあるが差し押さえるべき財産が特定できない
あきらめる前に当事務所の無料相談を受けてください

当事務所では前職(貸金業界,調査会社)の現場で培ったスキルと,法律知識を組み合わせた独自の手法により,相手の住所・氏名など素性が分からない場合でも当事務所では対策ができます。

等事務所に依頼するメリット 携帯電話番号から契約名義人の氏名住所を特定

さらに住民票を取得して現在住所を特定

預金口座情報から,名義人の住所を特定

さらに住民票を取得して現在住所を特定

住所・氏名・生年月日から保有口座と預金残高を特定

提携弁護士に委任して差し押さえて回収

上記のような特殊調査を一般の調査会社に依頼すると高額の調査料金が必要になりますが,当事務所では最低限の費用で承ります。

詐欺行為を行う者は,嘘の住所を秘匿し偽名を使用するので, 詐欺的行為をしても自宅に訪問されることはないだろうと確信しています。

したがって,住所・本名を特定したことを相手に知らしめることで相当程度に心理的圧力を与える効果が生じて債権回収の実現に繋がります。

加害者にとって住所を知られるリスクとは
  • 訴訟請求・支払督促などの法的手段を受けるかもしれない
  • 大人数で取り立てに来られるかもしれない不安感
  • 自宅訪問を受け家族が不安に陥る

債権回収を実現させるためには,相手が困ることをしなければ達成できません。加害者は住所を特定されることが一番困るのです。

不良債権・詐欺被害でお困りの方は当事務所にご相談ください。

 

ページトップへ戻る